今日何食べたの?

Ciao a tutti!

夜8時30分 ゆっくりとお風呂を楽しんでリラックスした母の電話がなります。

   ”変わりない?”       ちょっと早口で尋ねる私に

   ”変 わ り あ り ま せ ん  げ ん き で す”

ゆっくりとはっきりと答える母の声が聞こえてきます。毎日じゃなくてもいいのにと口にする母ですが嬉しそうです。
 
話すことが少なくなって口の周りの筋肉を鍛えるためにという我が母80歳のこれも運動の一つです。

時々電話の調子が悪くなり声が聞き取れないことがある国際電話にはうれしい心配りに思えてきます。

幸い友人、近所の方に恵まれて外出も多く毎日誰かと顔を見て話をしているようでほっとする事が多いです。

大都会ではなく程良い田舎生活が幸いしているようで 本人曰く”忙しい”のだとか。 
地元が主催する”寿大学”はもちろん各種行事にも積極的に参加しているのも嬉しい事です。

老人福祉がうまくいっている町の行政にただただ感謝あるのみです。

     ”今日 何食べたの?”

今年の夏は ゴーヤがほとんど毎日食卓に上がっていました。 今年初めて庭の畑でトライしたそうで 
苦いのは体に良いしそれに何より好物になったとか。 おいしいから食べているのがいいですね。

     ”うまいんだー これ。苦いのは体の毒を取ってくれるんだって”

意図せずに自分だけのために料理をすることになった母。 料理上手な母が今でも台所に立ちます。

     ”たくさん作って 友達にあげるといいよ、母さんの料理おいしいんだから”

     ”は い、 そ う し て み ま す”

明日は朝7時30分に母の電話がなります。

午前中仕事だったり出張の時は時差の関係で前日の夜中に電話をすることになるFLORENTIA55。
毎朝7時に目を覚まし直ぐには起き上がらず15分程足の運動を日課にしている母が亡き夫と息子に朝の挨拶をして 
お茶の順備を始めるころです。

”よく眠れた? おはよう”で始まり ”今日は何食べたいの?”

今は2人だけになってしまった私達家族のお互いを確認する電話ですね。

     ”じゃ 今日も元気で頑張るんだよ!”

     ”は い、 お や す みー”

電話を切る時のお互いのあいさつが逆になり遠くイタリアに来た親不孝を実感し切なくなるひとときです。

母が最後に何時も言う ”ありがとう”が国際電話のせいなのかいつも遠くに消えていきます。

眠りにつくわずかの時間に考える事が多くなってきたFLORENTIA55です。ほんとは答え決まってるはずなんですけどね。


さて2日ヴォランティアとしてUNICEFテントにいたFLORENTIA55ですが臨時のツーリストインフォメーションになっていたかも。。。

”日本語うまいね”と褒めてくれたご主人 ありがとうございました。奥様がお隣で微妙な表情してらして。。。(笑)

どんな質問が多かったと思いますか?

アカデミア美術館は? カヴール通りは? ヴェッキオ橋は?

フローレンスの地図手元にあるといいなぁ。 サンマルコ広場見つけてみましょう。
地図ってホント文字が小さくて困りますね。FLORENTIA55も実感してます!?

さてさて お気ずきになりました? ねっ すぐ近くでしょう!

フローレンスのラブリントスに迷い込んでしまったんですね。疲れているんだツーリスト!!

時々上を見上げてみるのもフローレンスでは有効なんですけどね。ほらクーポラが見えるでしょう。

バールも禁煙者のFLORENTIA55あんまり利用しません。 ゆっくりできないんですよ。
ほんとに休めるところがないですね。ベンチもなんだか 落ち着きませんね。

せっかくの自由時間なのに時差ぼけと旅の疲れで苦痛になったらどうしましょう。

FLORENTIA55のお勧めプランは サンタマリアノヴェッラ駅からスタートです。

ATAFフローレンスの公共バス、路面電車の1日乗車券を購入されるのが良いかと思います。

1時間コース
昨年開通した路面電車TRANVIAトランヴィアに乗りませんか? 終点まで25分程。10分程で
また始発駅へ向けて出発します。アルノ川をわたりSCANDICCIという住宅街への車窓の旅が
楽しめます。

2時間コース
12番か13番のバスに乗りましょう。ミケランジェロ広場を通る市内循環バスです。1時間から
1時間30分で始発の駅に戻れるでしょう。お天気が良くてカメラが趣味の方には13番がお勧めです。

12番はアルノ川を渡りローマ門から坂道になります。サンミニアート教会を過ぎて次の曲がり角に
ダヴィデ像が見えてきます。そうそうコジモ1世が作らせた城壁も見えましたか。

13番はフローレンス市内パノラマツアーを楽しんだ後アルノ川になります。ロータリーを過ぎたあたりから
進行方向の右の窓にカメラを構えたままになってしまうかも。

どちらのバスも地元組がもちろん利用するバスです。でもツーリストが多く英語が飛び交う車内です。
目を閉じてちょっとお休みになりたい時にいかがでしょうか。 時間があるようでしたら途中下車して広場で降りて
パノラマを楽しむのはいかがでしょう。 次のバスまで十分時間はあります。

目線がちょっとだけ高くなるバスから私の大好きなフローレンスをご覧ください。

ただし貴重品にはくれぐれも気をつけてくださいね。こればかりは。。。


*BACH FLOWER*
スクレランサス、ホーンビーム
心の落着きと取りかかりのきっかけということでEさんのアドヴァイスです。



 
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://florentia.exblog.jp/tb/13344188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by florentia55 | 2010-10-04 06:00 | 家族 娘アンジェラのこと | Trackback | Comments(0)

ブログる旅人ブログ人 FLORENTIA55 フィレンツェ 大好き 集まれ~!


by フロレンティア55