LA SPECOLA フローレンスで クワガタを ー ガリレオの博物館 ?  ラ スペーコラ

e0203793_16455083.jpg

Ciao a tutti !


この博物館 階段が多いの。 で こんなご案内が まず 目につきます。 イタリア語と英語だけど いまどき驚き。

この人物は この建物を寄付されたかた。 入口で ようこそ! WELCOME BEN VENUTI ! 真面目そう。。。 

e0203793_16474734.jpg

オープン時間です。 朝一番 9時30頃 かっならず 騒がしいのですが これは イタリアの子供たちのグループ。
なんせ この狭い階段を たくさん昇る事になるから ヒソヒソ話が 大きく響いて 騒音状態になります。
e0203793_16495654.jpg

こんな素敵な中庭も 実はあります。 フローレンス大学関連の建物でもあります。 若い学生の姿もたくさん見かけます。
e0203793_1652076.jpg

そして この方 ガリレオ! 福山=湯川教授じゃなくて 17世紀のご本人のほう。 名称 ガリレオのトリブーナ。  
e0203793_16534771.jpg

さてさて 先日のこんなニュース。 驚きました フロレン。
縄文のノコギリクワガタ、ほぼ完全な形で出土 - YOMIURI ONLINE 


縄文のノコギリクワガタ、ほぼ完全な形で出土     そんなことって あるもんなのですねぇ。。。

奈良県 御所市の 秋津遺跡で、縄文時代晩期(約2800~2500年前)の ノコギリクワガタが、
初めて ほぼ完全な形で 出土した。                 よくぞ まぁ 今日まで 頑張ったこと

体長6・3センチの 大きめの雄で、昆虫は 死後、関節が外れて バラバラになってしまうことが 多いが、 
泥に 密閉されて 外気に 触れなかったため残ったらしい。       泥パックの効用? ですか。。。

この時代の生き物が 生きていた時の姿のまま 見つかるのは 極めて 珍しいという。    そりゃそうだろう。。。

橿原市 昆虫館(奈良県)の中谷康弘館長補佐は「今にも動き出しそうな姿に驚いた。     リアルなんですねぇ。。。

豊かな 生態系があった 縄文時代の 里山が 復元できる」と話している。      でも 昆虫って 少し怖いフロレン。。。

(2011年5月24日19時02分 読売新聞より)


ガリレオのいる ラ スぺ―コラ博物館ですが クワガタがどんなものか 剥製でいます! 大きさもこんなもんかな?
いや かなり大きな昆虫とか 世界中の昆虫 動物 っていうか すごいです。 

胎児の成長の様子 もちろん 人間のだけど。。。  南方 仁先生も 驚くような そんな展覧室が たっくさん!

子供たちのグループが通り過ぎると 後は シーンとして ちょっと 一人なら 怖いくらいかも。。。

イタリア語の勉強に それぞれの説明文を読んでみるのもいいかも。。。 そうそう 虫の声とか フクロウの声とか
それぞれの展覧室で 楽しめます。  タイムスリップした感覚になることも。。。 お楽しみあれ!


  
              人気ブログランキングへ         にほんブログ村   

                人気ブログランキングへ          にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ


PITTI宮殿 ボーボリ庭園に 実は併設されてるんです。 だから 向こうのミドリは あのボーボリ庭園となりま~す。
e0203793_16554124.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://florentia.exblog.jp/tb/14845001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by florentia55 | 2011-05-26 17:33 | フィレンツェ | Trackback | Comments(0)

ブログる旅人ブログ人 FLORENTIA55 フィレンツェ 大好き 集まれ~!


by フロレンティア55