アンちゃんの今日この頃 音楽 と ピンク色のべビちゃん

e0203793_1720305.jpg

Ciao a tutti !


夏を感じる6月の今日この頃 旅人 いかが お過ごしでらっさいマス de しょうか。。。

日本旅人変身予定有り 我が娘アンちゃん そんなこんな日常お過ごしされてらっさいマスです。

なんとも 深いテーマを持つ 音楽を 奏でらしてる 今日この頃。。。

確かに あチくしのとんちんかん 日本の旅 どうしよう? なぁんて電話に無関心にもなる?

アンちゃん 人生のお散歩 アッチ&コッチ 人間ってなんだぁ 的な 散策中 かも カモ。。。


   人気ブログランキングへ   ブログランキング・にほんブログ村へ


     【トレミー】人気ブログランキング


今日この頃の夢 あチくし編  孫のお世話をする!  アンちゃんからは既に確約貰ってマスです。

ねっ ねっ 可愛っしょ! 友人からですが お孫ちゃんのパチッ 幸せピンク 届きましたデス。

e0203793_17232572.jpg


ジェラート おいしい おいちいねぇ。。。   


さぁて アンちゃんの演奏してる 音楽についても 説明文かな。。。 よろしかったら どうぞ。。。


Quando nel settembre del 1939 la Francia entrò in guerra,
Messiaen fu chiamato alle armi e pochi mesi dopo, nel maggio del ’40,
durante un’offensiva tedesca venne catturato dal nemico.

Insieme ad altri prigionieri fu trasferito nel campo di concentramento
Stalag VIII-A di Görlitz (al confine Sud-Ovest della Polonia),
dove rimase per un anno.

L’ufficiale responsabile dello Stalag era un appassionato di musica e,
venuto a sapere delle competenze di Messiaen (come di altri tre prigionieri musicisti),
lasciò lavorare il compositore in vista di un concerto al campo.

Messiaen scrisse per i musicisti conosciuti durante la prigionia
(un violoncellista, un violinista e un clarinettista) dapprima un breve trio
(confluito successivamente nell'opera come quarto movimento) e poi,
con l'aggiunta di un pianoforte (suonato da Messiaen stesso), realizzò il Quartetto.

Il Quatuor pour la fin du temps fu portato a termine agli inizi del nuovo anno ed
eseguito il 15 gennaio del ’41, sotto la neve e in condizioni difficili,
di fronte ai prigionieri dello Stalag VIII A radunati in un piazzale gelato.

Gli altri musicisti a eseguire il Quatuor con Messiaen furono Henri Akoka (clarinetto),
Jean le Boulaire (violino) ed Étienne Pasquier (violoncello):
nessuno dei tre era un musicista professionista.

I nazisti riuscirono a procurare per Pasquier un violoncello con tre sole corde e
il pianoforte su cui suonò Messiaen era talmente vecchio e malmesso che i tasti,
una volta premuti, restavano abbassati.

Il Quatuor pour la fin du Temps è considerato uno dei più alti esempi di
musica cameristica del ventesimo secolo.
[PR]
トラックバックURL : http://florentia.exblog.jp/tb/23212134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-06-04 21:31
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by florentia55 at 2015-06-05 15:48
鍵コメさん ベートーベン氏によろしく! 良き時代風のイタリアンレストラン思い出しました。お疲れ様デス。グラッチェ。
Commented by 大分ナシカ at 2015-06-05 16:23 x
いや~ベビちゃん可愛い~!(^^)!

以上

今日も一日お疲れ様でした。

全ポチ★
Commented by showsun1203 at 2015-06-05 20:07
こんにちわ~ドイツで美味を、という至難の業をスリル抜けました♪~♪~元KGB情報に偽り話でした**笑**

 トルコ移民のお店やベトナム移民のお店は、美味とは無縁のドイツ人経営のお店とは100%異なりました。
Commented by florentia55 at 2015-06-06 05:23
大分ナシカさん ピンク色ほんわぁ~かイイネですよねぇ。意味なくハッピー感一杯にしてみましたデス。素敵な週末をお過ごしください。グラッチェ。
Commented by florentia55 at 2015-06-06 05:25
showsun1203さん グゥートッです。友人と散策した街ボン秋の頃に再訪してみたいわぁデス。のんびり週末お過ごしになれるとイイですねぇ。グラッチェ。
by florentia55 | 2015-06-04 17:42 | 家族 娘アンジェラのこと | Trackback | Comments(6)

ブログる旅人ブログ人 FLORENTIA55 フィレンツェ 大好き 集まれ~!


by フロレンティア55