カテゴリ:家族 娘アンジェラのこと( 78 )

Ciao a tutti!



フローレンスでは 7日 夜23時を 回ったところです。 母として FLORENTIA55 嬉しくて 泣いてました!
さっきまで 友人たちへ 電話をかけまくり この感動を 語っておりました。 愛の為に遠くへ旅立った友がいたり
12月は いろんな事がFLORENTIA55の周りで 起きてます。 そして 今日なんと ついに
    
                         奇 跡 が おこりました!  

        我が娘 アンジェラから 今年の クリスマスプレゼントの リスエストが あったのです!

日本語の 漢字を 覚えたいので 漢 字 辞 書 が 欲しいって。 フローレンス大学で 日本語を 学んだ 
友人 MSステフィーに 早々に 電話で 問い合わせてしまいました。 親ばかです。 ほんとに。

特に16歳から独立心が強く芽生え ヴェジタリアンになり アンチ・グローヴァルを叫び ボランティアに励み 3週間の
中国公演へ出発した時から なんでも 自分でするようになって しまった 我が娘 アンジェラから リクエストが!
まるで夢のようです! ヤッターって感じです。 子育てはそれぞれの家庭でそれぞれの歴史を刻むものだと思います。
突然 大 人 宣 言 されて 戸惑い オロオロした ダメ親FLORENTIA55。 巣立ち後症候群でも 依存症でも 
なんとでも いってくれー! 寂しさだけは ホント どうしようもなかったのです。

        プレゼントは 無駄なことになるから 必要なものを 確認してから買うようにしてね 

我が娘 アンジェラに それは それは キツ~く なんども諭された ダメ親 FLORENTIA55。 だから ここ数年 
ほんとは クリスマスのある 12月が好きではなかったのです! 今 告白します。

明日は 祝日だけど 本屋さんは開いてるはず。 さっそくMSステフィーとアポ取りました。 英語で漢字について 
説明されてる 辞書があるそうです。 これも みるのが楽しみです。 ホントは 可愛いリボンとか つけたいけど 
絶対に おこるだろうから さりげな~く 気持ちを 抑えて 今回は 我慢 我慢。

でも 今ね 気分は こんな感じです。 ご一緒に 分かち合って 聞いてくださいますか? 

メロディーが限りなく BIG WIN 大勝利というか よくやった! がんばった! そう思えてくるんです。

それでは ご一緒に どうぞ。 お祝いに スプマンテ 飲んでしまったです。 涙! うれしい!


                                  

  
              人気ブログランキングへ         にほんブログ村   

                人気ブログランキングへ          にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
応援クリック 嬉しいです。。。        

            
              
                              ありがとう   いつもクールな夫がうらやましい!
[PR]
by florentia55 | 2010-12-08 08:30 | 家族 娘アンジェラのこと | Trackback | Comments(2)
Ciao a tutti!



快 晴の フローレンス。 お洗濯と テラスのドアを 全開で お掃除。 気分は もう 最 高 だわ! ほ~んとに。
 
日本も お天気が 良かったそうで 何よりです。 昨日の 地震も 大丈夫とか。 良かった 良かった! 

そして ” 忙しかった~ 今日は。 結局 温泉に いけなかったのよ ” とは 国際電話からの 我が母の声。 
昨日の電話では 絶対実行したい 本日の課題 だったはずなのに。 何事かと 思いきや 天気が良いので 
白菜を貰いにきてという 友人を 訪ねたり 煮物を 持って 風邪気味の 友人を 見舞ったとか あげくは 
美容室で 髪を 切ってきたとか もう忙しくて マイ・バイシクル 自 転 車 びゅんびゅん 飛ばしてたみたい。

80歳の 我が母の さっそうとした 自 転 車  姿 これが 妙に 様に なっているようで 思い浮かべて 電話で 
さっき 大笑いした FLORENTIA55。 相変わらず 一生懸命言い訳してる 我が母に 昨日のブログで仕入れた話題 

              誰 か と 談 笑 すると 脳 が 元 気 になる! 

そして 二人で 確かに それは そうかも な~んて 納得しあったのが 今日の 電話でした。

さ~て そんな風に 母と 笑ったあとに そうだ 今日は 我が娘の 放課後の お習いごとについて どうかな?
イタリアだから 幸いな事に 学 習 塾 は なかったけど その遍歴をちょっと。 お楽しみに。

             DOPO SCUOLA ドーポ スクオ~ラ  放 課 後

では イタリアの教育制度ですが 3歳を迎えた 9月から 幼稚園。 5歳を迎えた年の9月から小学生に なります。 
小学 5年生が 終わると 全国共通試験を 受けて 晴れて 中学生。  そして 高校生となり 
マトゥリタ MATURITA’と呼ばれる これも 全国共通一斉試験を 終えて 義務教育が 終了となるわけ。 
大学入試 試験 代わりになるのが このマトゥリタの点数で その後 就職活動でも 必ず 質問されるというもの。
みんな それは それは 真剣に 勉強するというものです。

でも 小学校も そうだけど 中学も 半日制とか 全日制とか クラスを 選ぶことが できるのが 普通。 
地方の 中規模 都市 だったけど お昼は 家に帰って食べる。その後 また 学校へ 授業を受けるために戻るとか 
ほんと 公立だけど ヴァラエティ―に 富んでいたわね。

日本の クラブ活動に あたるのは 中学校からかな。 だから 幼稚園から 小学生の頃は 放課後に 
それぞれの お習いごとへ 各家庭が 連れて行くのが多いです。

そういう風習を 持つ友人が多かったのと 手ごろなレッスン料 それに 宿題が少ないから。 
家にいるより お友達と 一緒に 遊び 感覚でと いうのが ほんとの 理由。

我が娘は 4歳になる前に ヴァイオリンを 始めていたので 基本は この ヴァイオリン。 
プラス 彼女がしたいことを すべて 自由に トライさせてきました。 これはちょっと 稀な事ですが 
一人っ子だし 友達探しを 兼ねて そんな軽~い 気持ちから。 義姉とか 親せきとかの やっぱり でてくる
批判は 我が夫が 担当してくれて 娘と 二人 DOPO SCUOLA 放課後 楽しみました。

最低 週一回のレッスンと 先生の方針で 演奏会が 良くあったので ホント 忙しいのが ヴァイオリン。 
それに 家での 毎日の 練習もあるし。 さぁ ザ~っと こんな感じです。 

DANZA CLASSICA  ダンツァ クラ~ッシカ

ピンクのチュチュとバレーシューズ で クラッシクバレー、 これは 優雅な 身のこなしを ヴァイオリンの 演奏の 時に。 
それと 正しい 姿 勢 を 学ぶために かな。 FLORENTIA55の方が 楽しんでた。 でも発表会が ヴァイオリンの 
コンクールの日と 重なってしまった その年で 終わりにすることに。 


DANZA MODERNA  ダンツァ モデ~ルナ

モダンダンスは スパイスガールとか 知る年頃になるとね 女の子だし。それに エミネンが 好きで そんなダンスしながら 歌って 踊りたいと 楽しんでたわね。 覚えたら 熱がさめたみたい。


SCHERMA スケ~ルマ

フェンシングは クラスの マテオ君に 誘われて な~んと 紅一点。 2年程して 県外の大会へ 参加する 話がでて 
強化合宿と ヴァイオリンを 天秤にかけることに。 青年のような先生が ほんとカッコよかった! バンデ~ラスの ゾ~ロ 覚えてる?


TENNIS  テニス

アバノテルメ ABANO TERME パドヴァ郊外の温泉でクリスマス休暇を過ごした時 テニスを楽しむ母をみてしたくなった
とか。 その娘の 初めての 個人レッスンで ボール拾いをさせられたわよ その母は。
その後 数年して 週1回。 やっぱり大会参加が ネックになって。でも 今でも 時々 出かけてるかな。 
ここも チョー イ ケ メ ン コーチだった!


NUOTO  ヌオ~ト 

水泳は 特になかったのよね。というのも 夫と私の 数少ない共通の趣味。 娘は6カ月目には既にプールに浮かんでニコニコしていたし 日曜日の早朝 良く出かけていたから。 入場料が手ごろで一年中利用できる 市民プールのおかげかな。
5歳の夏 ”もう帰るよ~” ”あぁ 待ってよ~” なんて叫びながら 突然 平泳ぎが できるようになった 娘。 あの時の
感 動 は 今も 我が家の 感 動 の 瞬 間 ベスト スリーの 一つ として 語り継がれています。 
プールからあがると 近くに居た人も巻き込んで アイスクリームで 乾杯したんだよね あの時。


CORO BIANCO  コ~ロ ビアンコ

それに 義兄が 指揮者をする 児童合唱団。 これも週2回 練習があったかな。 ヴァイオリンで伴奏演奏したり 毎年
関わり方が 大きくなってきてますね。 声は 作られる というのを 娘を通して 経験しました。 
努力次第で 誰でも かなり いい声で 歌えるように なるのよ ご存知でした?


見方に よっては まぁ な~んて 親なのって いう感じでしょうか? 中途半端で 終えたものはなく それぞれ 時がきて 
ヴァイオリンを 選ぶ ことになった 娘の選択が あったという 事 実。 

娘は これらの お習いごとを通して 人を見極める目を持ったといいます。 個人レッスンのヴァイオリンでは 先生を求めて 
遠くクレモナ、ミラノ、ローマの地へ通ったこともあり ロシア人をはじめ これまたいろんな大人達との出会いがありました。
 
こういう お習いごとですが 送り迎えが 一 番 大変なのよね。 忙しい 我が夫は 全く当てにはできず 時には 
シッターさんにお願いしてたかな。 でも 一人っ子でも いろんな形の友情が 今でも続いているようで それが一番 
嬉しいこと。 汗かいたり 苦しいって いいながら 時間を 一緒に 過ごして できた友情は ちょっとくらい 
会わなくても どうなるものでもなさそうです。 堅い 心 の 絆 に 成長するようです。 

ネット ワーク  友 情 の 輪  人生を 豊かに するのは やっぱり 関わり合う 相手がいてよね。  
たった 一 人 で  笑 う ことは できるけど 談 笑 は 誰か いないとね。 

実はね いろいろ批判したい イタリアに 唯一 感 謝するのが こういう チャンス を 与えてくれたってこと。
まッ ほんとは 何をおいても 夫に しなきゃいけないんだけど。 日本に 住んで 子育てしてたら 多分 絶対に 
できなかったと 思うから。 イタリアに 住んでて ホント よかったわ~。 
娘を イタリアで 育てることが できて 良かった。 ふっと そんなことを思う FORENTIA55です。

そんなわけで 12月の忙しさ 実は まだまだ 継続中。 毎週 娘の演奏先を ”追っかけ”ママする FLORENTIA55です。

                                  

  
              人気ブログランキングへ         にほんブログ村   

                人気ブログランキングへ          にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
 ちょっと 長~くなってしまって。。。 読んでくれてありがとう! 感想よかったら どうぞ。。        
[PR]
by florentia55 | 2010-12-02 23:42 | 家族 娘アンジェラのこと | Trackback | Comments(2)
Ciao a tutti! 



昨日の 我が母の 声 ホントに 元気そう。 電話の前で ずーっと 待ってたんだって。 実はね。

俄かに 日本通になった 娘FLORENTIA55に あーだの・コーダの と言われて 頭が痛い 今日この頃
昨日 ローソンへいって " 生どらやき ” ゲット できたんだって。 おいしかったって。 嬉しそう。

日 課 の " 独 り 散 歩 ” をして いつもと ちょっと違う寄り道。 やさしい店員さんだったとか。 感 謝 !

最後まで " 生 ”が 大福なのか どら焼き なのかが 飲み込めなくて 娘に国際電話で怒鳴られていたの。

" 母 ”思いだからね FLORENTIA55は。 長谷寺さんの紅葉とか 秋桜とか 雪景色の紅葉とか ネット情報を伝授。  
信じられないでしょう きっと。 こんなもんですよ。 ネットの普及って。 まだ 未知との遭遇かな。

我が母なんか ネットは怖い物 って信じてる。 お医者さんに いかないで 勝手にネットを通して重病だと
思い込んだ人が 自ら命を 絶ったニュースが 頭から離れないようで ネットで 死ぬんだよ と いう始末。

それからね こんな 不思議な こともあるんですよ 福島県の旧お嬢様ですけどね。。。

我が母80歳を イタリアンへ誘ってくれるのは 深窓の令嬢が 旧家に嫁入りして 産まれてから ずーっと お金持ち。

おとといね 散歩しながら お昼をってことで。 いつものように 待ち合わせ場所へいくと なんと 彼女ひとり。 
それもなんか こう 深刻そうなんだって。 秘密を感じたって 我が母が ちょっと心配になるほど。

緊張しながら 散歩して 言葉に気を使いながらの 散歩って疲れるって言ってたわ。 で 食事を終えた頃。 

     
                         じゃーーーーーん!
      
どうしても かなえたい夢があるから 協力してくれって。  死ぬ前にどうしても トライしたい事があるんだって。

               銀行のキャッシュ・デスペンサーから 独りで お金を引き落としたい!

           ホッとした 我が母が 暗・証・番・号をたずねると びっくりギョウテンな瞳で 
          
                          なんだい それ?

          わかった? ー  ARE YOU WITH ME  -  CI STAI CON ME?

当たり前のことを 突然 問われると 一体どういう風に 説明していいか 一瞬わからなくなるでしょう。 まさに これ。

やっと浮かんだのが 名義は誰になっていて そして 誰がつくったか。  汚いお金なんかに触れる必要のない
旧お嬢様の口座だけど 作ってくれたのは やさしい 長男。  だから どうやら 暗証番号は。。。


2010年 10月 26日 福島県の A市内 A銀行の チョッと人目につかない店内の 隠しカメラには あやしげに
ヒソヒソ話をしながら 長居をした SUPER OLD LADY 旧少女A+友人 Bがシッカリと映っているはず。

こんな2人だから きっと 振・込・詐・欺にも 相手にされないかも。 でも 楽しい毎日をおくっています。

イタリアですが このところ 年金という固定収入のある 義父・母が 嫁やら 家族に狙われる事件が多いわね。

知らない間に 通帳を持ち出して ちゃっかり 引き落とすんだって。 それでね この前 銀行の窓口で 本 人 が 
受け取りに来なければ カードは 渡せないって 正義の味方 銀行員と やさしそうな 男性が 口論してたかな。

ほんとにやさしい 家族が ちょっと嫌な目にあうけど 被害者になったら もっと嫌だものね。 我・慢。

                そうそう 我らが 少・女・A 明菜ちゃんに エールを 贈りたいんですけど。。。

            フローレンスへ お出でなさい!!  楽しいぞ FLORENTIA55と一緒に 歩こう!!

          元気がでたら 渡辺真知子さんの名曲 迷い道 く~ね く~ね を一緒に 熱唱しよう!! 

                           TAKE IT EASY!!

 
        なんとでもなるって。。。。そうでしょう  姫?     TATA に賛成してくれるでしょう?


TATA : イタリア版メリーポピンズ                             

では 今日も PFV クリック!

     
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村





                                               GRAZIE






               
    
[PR]
by florentia55 | 2010-10-28 19:11 | 家族 娘アンジェラのこと | Trackback | Comments(10)
Ciao a tutti!



今日は FLORENTIA55の 長女 の 話題です。 次女 覚えてるかな ブログの LOVEちゃん! オッ さすがッ。
 

イタリアで 一番有名な野良犬は きっとナポリ郊外ポンペイの遺跡に住んでる犬だと思う。 ド忘れしたけど ちゃ~んと
名前があって 日本人の 観光客が 大のお気に入り。 現地ガイドさんより 一生懸命 案内してる感じです。 
お出でになった方 思い出しましたか? 南イタリアに 行くと 結構 いますよね。

でも フローレンスや まして北イタリアでは ほとんど皆無に 近いこと。 街で野良犬に 出逢うなんて事 ないわね~。 
というのも 見つかったらすぐに 野犬収容所 でいいかな  IL CANILE に連れて行かれてしまうから。

動物愛護の精神に基ずくヨーロッパ、 市町村が ボランティア団体に 委託したり 単に場所を提供して 少人数の 
市民グループが 頑張って 運営しているのが この IL CANILE  イル カニ―レ。

実は その実態を 良くは 知らなかった FLORENTIA55なんだけど 長女の 泥だらけの ジーンズが きっかけで 
知る事が できたのよね。 


                   ちょっと 哀愁と 怒りの 物語を。


中学生の 長女 金曜日は 13時まで。 ふつうは 家に戻ってお昼。なのにお弁当作ってとか 用事があるとか 帰りが
夜なんて事も でてきたのね。 反抗期だし ちゃんと 問い詰める事もできず オロオロしてた この FLORENTIA55。 
  
                     そんな ある 土曜日の朝。 

洗濯機の横にあるカゴに 泥だらけの 娘のお気に入りの ピンクのジーンズが。 それによく見ると 白いT シャツまで。

雨が降ったのは木曜日。 きのうの金曜日は 快晴だったけど。 不安げな黒~い雲がモクモクのFLORENTIA55の 心。

我が長女 人をいじめる事は絶対ないと思うし いじめられるって事も 考えられない。 夫が趣味の自転車で出かけた後
やっぱり 問いただすことにしたのよ。 勇気をだして。真実を知るのが ちょっと 怖かったけど。

あんなに 仲の良かった 母と娘なのに 此の頃 急に 行動範囲が 読めなくなってきて 会話も  なんかね。
気が付いたら 大切なこと っていうか あんまり会話もなく “忙しい” ってそれで 終わる事が 多かった頃。

時間をかけて 何度も、 心配だから 質問してるって 繰り返して そして や~っと 貰った答えは。


                      犬達を 散歩させたから。。。。


えっ?  状況が読めないと やっぱり パニックになるのが FLORENTIA55。 それを充分に知ってる 娘。


               私が 行かないと 来週まで 外にでれないのよ 犬達が。
        
            ちょっと遅れて行ったから 喜んで みんなが じゃれてきて。 それで。。。
           
  
今でも参加している 合唱団員仲間の 女性が 個人で 捨て犬を預かっているけど 数が増えて 散歩させる 人手が
足りないとか。 それで 買って出た ヴォランティア なんだとか。  もう 言えばいいのに。。んな事だったら。


話したい事があったようで お茶を飲みながら 久しぶりの 親子の会話。 思いがけない うれしい プレゼント!
13歳の娘も 未知との遭遇。 残酷な 我ら 人間のエゴを 見たようで 吐き出すように 話す、 話す。


きのう 連れてこられた 老犬ラブラドール。 持ち主が 念願の 妊娠で 動物の持つ病気が怖いと 預けに来たとか。

高速道路に 捨てられ 自尊心が強く 立ち直れず 途方に、途方にくれた シェパードとか。 涙声になる 我が娘。


それぞれの人生を背負い たどり着いた 野犬収容所で 新しい“ 家 族 の 一 員 ”になった この犬たち。 
最初は 片隅でじーっとしてるんだとか。 落ち着かせるために 自然エキス入りの お水を飲ませるとか。 そのうち 
先住者の中から 一匹 気にかける犬がでてきて。 お世話したり 一緒に隣にいてくれるんだとか。

でも どの犬も 悲しそうな 瞳で 泣いてるみたいだって。 そして 待ってるんだって。 ドアの方を 見て。いつまでも。

中学生から 本格的に 音楽の勉強が始まった 我が娘。 自分の楽器の練習以外に オーケストラや 合唱団の
練習までこなし ほんとに忙しい青春を走っている。 そんな彼女は 母がトリエステの精神病院廃止運動の 通訳の
仕事で学んだ N・E・T・W・O・R・K をつくる方法で 今でも このヴォランティアを続けている。 

自分の出来る範囲で 仲間を増やせば 各自の負担は 少なくなるという 極めて 自然な 方式。

でも 初めの 一歩を 誰が 踏み出すか。。。。 これかな ホントの 課題は。

それにしても  ほんとに 子供の考えてることって ほんと 読めないわ。。。 難しいわね 母・業は

フローレンス近郊の IL CANILEです
犬たちの ママに なってあげたい方は どうぞ。
参考サイト: http://www.mimancalaparola.org/

                                             GRAZIE! 
今夜も PFV ネッ!
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

  


          

     
                                            
[PR]
by florentia55 | 2010-10-23 00:43 | 家族 娘アンジェラのこと | Trackback | Comments(21)
Ciao a tutti!



朝方 7時まで すごーい風が  吹いてたフローレンス。 スーッと 明るくなってきたけど 今日は寒そう。 
咳を してる人が 多いかな。 朝・夕に 備えて ちょっと 厚めのニットが 必要かも。

ちょっと 心配ですね  今夜の フローレンス市民 屋外 持ち寄り パーティー。

      “ CENA BIANCA - チェーナ ビアンカ ”

日本は 秋晴れだったとか。 母の声が いつもより 明るかったのが うれしい FLORENTIA55。

女友達 3人で 久しぶりの 散歩、 そして イタリアン。 楽しい会話は あっという間に 3時間。

平均年齢 84歳、最年少は 我が母 80歳。  ピッツァと 野菜サラダを シェアして デザートを食べて 
それぞれの 若かりし日の 話題に 事 つきなかったようです。

       “とっても いい人なのよ このイタリアン・レストランの ママさん。。”

臨設 シニア ・ ディケア ・ センター   ほんとに ありがとう ございました!!

若者達と 一緒に ちょっとおしゃれな イタリアン・レストランで いつもと ちょっと違う 食事をして 
町内の散歩だけど 母には まるで 昔 訪れた イタリアを 感じるのに 十分だったようです。


薬を 飲まずに 今夜は 眠れそうだという 母に 曖昧な 返事をする FLORENTIA55。


漢字を 習う FLORENTIA55の 小学生の頃の ワン・シーンが。
  
          - 人 と 人 の 間 ー  “ 人 間 ” 

覚えてます。 あの時の 先生の言葉。 今 はっきりと 聞こえたようです。



とうとう 今 雨に なりました。 

 

   “ RAINY DAYS & MONDAY ALWAYS GET ME DOWN...”

         カレン・カーペンターの歌声が 頭の中で リフレイン



今夜は トスカーナ郷土料理 お豆を 使った メニューに してみましょうか。

ゆっくりと 鍋を かきまぜながら タイム・トリップ してみましょう。




忙しそうな 父がいて 喧嘩をしかけても ニコニコしてくれた 兄がいて 若くて 元気な母がいて。



家族は 大きく 広がっていくものだと 思っていた あの頃に。 

今夜は ゆっくりと 煮込み料理に してみます。





*BACH FLOWER*

HONEYSUCKLE  +  OLIVE
懐かしくて、 ちょっと疲れてるかな。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by florentia55 | 2010-10-11 22:50 | 家族 娘アンジェラのこと | Trackback | Comments(0)
Ciao a tutti

丑三つ時じゃないけど日は落ちて薄暗~い17時半。処はバルジェロ美術館の裏門。総勢15名程が集まり何やら話声。

先日バルジェロ美術館 館長STROZZI女史自らの案内による特別展見学に出かけてみました。

ご存知ですか、実はここが19世紀中頃まで刑務所だったこと? 

狭い階段を上って降りてたどり着いたところはおなじみの中庭です。 静まり返って大理石の彫刻の大きさが一際目立ちちょっと怖い感じです。特別展会場はこの一角にあります。

             I GRANDI BRONZI DEL BATTISTERO
           -GIOVANFRANCESCO RUSTICI e LEONARDO-

               礼拝堂の偉大なブロンズ像たち  
         ジョヴァンフランチェスコ ルスティチィ と レオナルド

1475年フローレンス生まれの芸術家ルスティチィの作品からルネッサンスの巨匠レオナルド ダ・ヴィンチが
この地にどのような影響を残していったかを探ろうと言うものです。

会場にはルーブルや英国博物館、また米国の個人美術館所有である旨のタグがいくつもあります。
熱心に何度も説得をしてやっと今回の展覧会実現の運びとなった事を感動的に説明する女史でした。

レオナルドをフローレンスへ連れ戻すための第一歩がスタートしたと言えそうです。

若くて腕は良いのに頑固者ルスティチィはレオナルドがミラノから地元へ凱旋した際に弟子として
その技術を受け継いだ貴重な人物といえます。

ご存知ですか? ブロンズで像を作るのは大変な技術が必要とされます。

ミケランジェロでさえ窯を開ける時神聖なミサをあげ神様にお祈りをしたといいます。1506年レオナルドがミラノより
信頼できる職人を呼ぶ事でこの展覧会の主役達が完成されます。 既にスフォルツァ家のために偉大なブロンズ像を
作っていたレオナルドだからこそ可能だったといえるのでしょうね。

FLORENTIA55からのアドヴァイスは”レオナルドのデッサン集を少し勉強”してから出かけようです。
そして彼のアイディアが会場に展示されている作品のどこに活かされているかを見つけてみてはいかがでしょうか。

さて このレオナルド、不思議と地元フローレンスでは話題に昇らない芸術家なのです。
ウフィツィ美術館にも3枚の絵が展示されているのみ。フローレンス人はミケランジェロを兎も角好みます! 
実はこれ、北イタリアからきて最初に持った疑問でした。

ミラノでも夏目漱石の“倫敦日記”になってしまうレオナルド。心の病を癒してくれたのは
運河の流れだったとか。ダンテにより標準語が生まれたイタリアですが実際は方言の国なのです。 

        ”まるで外国にいるようで言葉がわからない”という彼の手紙が残っています。


故郷を離れて一人寂しげなレオナルド。以前彼の日記を読んで驚いたのを思い出します。


        言葉 母国語 ”自分の心”を自由自在に語るための言葉。


娘が生れた20年前お見舞いに来たほとんどの人がFLORENTIA55に言った言葉。


        ”彼女は日本人でもあるのだから日本語話せるようにしないとね” 


でもFLORENTIA55の中ではいくつかの疑問が大きくなっていきました。


        ”悲しい時 娘は何語で泣くんだろうか?”
        ”何語で 本を読んで感動するんだろうか?”


一方通行で話しかけるだけでは言葉は生きてきません。彼女の母国語をイタリア語にすると言って
周りの不評をかったFLORENTIA55ですが今でもベターな判断だったと思います。

何といっても娘はこのイタリア―初めに言葉ありきーの国で生活を楽しむ権利があるのではないでしょうか。
小論文が小学生から宿題となり正当な議論で相手を納得させなければいけない大変な国で。。

今は外国語として日本語を学んでいる娘です。日本の祖母との電話には時々福島の方言も入るようです。
6歳から13歳までJALやANAでの一人旅で毎年祖母と過ごした2ケ月間の夏休みの成果です。

忘れてはいけないのがこの人 ー 自分も寂しいはずなのにずっと我慢してくれた夫に感謝!


*イヴェント*
museo nationale del bargello
予約はFIRENZE MUSEI (ウフィツィもこの番号です!)
電話 055-2654321

開館日 
火曜日から日曜日、第1,3,5月曜日
8時15分ー17時まで。
*11月2日より12月24日時間短縮で14時まで
 土、日曜日は 8時15分から17時まで。 
休館日
12月25日、1月1日、毎月第2,4月曜日



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by florentia55 | 2010-10-06 08:06 | 家族 娘アンジェラのこと | Trackback | Comments(0)

今日何食べたの?

Ciao a tutti!

夜8時30分 ゆっくりとお風呂を楽しんでリラックスした母の電話がなります。

   ”変わりない?”       ちょっと早口で尋ねる私に

   ”変 わ り あ り ま せ ん  げ ん き で す”

ゆっくりとはっきりと答える母の声が聞こえてきます。毎日じゃなくてもいいのにと口にする母ですが嬉しそうです。
 
話すことが少なくなって口の周りの筋肉を鍛えるためにという我が母80歳のこれも運動の一つです。

時々電話の調子が悪くなり声が聞き取れないことがある国際電話にはうれしい心配りに思えてきます。

幸い友人、近所の方に恵まれて外出も多く毎日誰かと顔を見て話をしているようでほっとする事が多いです。

大都会ではなく程良い田舎生活が幸いしているようで 本人曰く”忙しい”のだとか。 
地元が主催する”寿大学”はもちろん各種行事にも積極的に参加しているのも嬉しい事です。

老人福祉がうまくいっている町の行政にただただ感謝あるのみです。

     ”今日 何食べたの?”

今年の夏は ゴーヤがほとんど毎日食卓に上がっていました。 今年初めて庭の畑でトライしたそうで 
苦いのは体に良いしそれに何より好物になったとか。 おいしいから食べているのがいいですね。

     ”うまいんだー これ。苦いのは体の毒を取ってくれるんだって”

意図せずに自分だけのために料理をすることになった母。 料理上手な母が今でも台所に立ちます。

     ”たくさん作って 友達にあげるといいよ、母さんの料理おいしいんだから”

     ”は い、 そ う し て み ま す”

明日は朝7時30分に母の電話がなります。

午前中仕事だったり出張の時は時差の関係で前日の夜中に電話をすることになるFLORENTIA55。
毎朝7時に目を覚まし直ぐには起き上がらず15分程足の運動を日課にしている母が亡き夫と息子に朝の挨拶をして 
お茶の順備を始めるころです。

”よく眠れた? おはよう”で始まり ”今日は何食べたいの?”

今は2人だけになってしまった私達家族のお互いを確認する電話ですね。

     ”じゃ 今日も元気で頑張るんだよ!”

     ”は い、 お や す みー”

電話を切る時のお互いのあいさつが逆になり遠くイタリアに来た親不孝を実感し切なくなるひとときです。

母が最後に何時も言う ”ありがとう”が国際電話のせいなのかいつも遠くに消えていきます。

眠りにつくわずかの時間に考える事が多くなってきたFLORENTIA55です。ほんとは答え決まってるはずなんですけどね。


さて2日ヴォランティアとしてUNICEFテントにいたFLORENTIA55ですが臨時のツーリストインフォメーションになっていたかも。。。

”日本語うまいね”と褒めてくれたご主人 ありがとうございました。奥様がお隣で微妙な表情してらして。。。(笑)

どんな質問が多かったと思いますか?

アカデミア美術館は? カヴール通りは? ヴェッキオ橋は?

フローレンスの地図手元にあるといいなぁ。 サンマルコ広場見つけてみましょう。
地図ってホント文字が小さくて困りますね。FLORENTIA55も実感してます!?

さてさて お気ずきになりました? ねっ すぐ近くでしょう!

フローレンスのラブリントスに迷い込んでしまったんですね。疲れているんだツーリスト!!

時々上を見上げてみるのもフローレンスでは有効なんですけどね。ほらクーポラが見えるでしょう。

バールも禁煙者のFLORENTIA55あんまり利用しません。 ゆっくりできないんですよ。
ほんとに休めるところがないですね。ベンチもなんだか 落ち着きませんね。

せっかくの自由時間なのに時差ぼけと旅の疲れで苦痛になったらどうしましょう。

FLORENTIA55のお勧めプランは サンタマリアノヴェッラ駅からスタートです。

ATAFフローレンスの公共バス、路面電車の1日乗車券を購入されるのが良いかと思います。

1時間コース
昨年開通した路面電車TRANVIAトランヴィアに乗りませんか? 終点まで25分程。10分程で
また始発駅へ向けて出発します。アルノ川をわたりSCANDICCIという住宅街への車窓の旅が
楽しめます。

2時間コース
12番か13番のバスに乗りましょう。ミケランジェロ広場を通る市内循環バスです。1時間から
1時間30分で始発の駅に戻れるでしょう。お天気が良くてカメラが趣味の方には13番がお勧めです。

12番はアルノ川を渡りローマ門から坂道になります。サンミニアート教会を過ぎて次の曲がり角に
ダヴィデ像が見えてきます。そうそうコジモ1世が作らせた城壁も見えましたか。

13番はフローレンス市内パノラマツアーを楽しんだ後アルノ川になります。ロータリーを過ぎたあたりから
進行方向の右の窓にカメラを構えたままになってしまうかも。

どちらのバスも地元組がもちろん利用するバスです。でもツーリストが多く英語が飛び交う車内です。
目を閉じてちょっとお休みになりたい時にいかがでしょうか。 時間があるようでしたら途中下車して広場で降りて
パノラマを楽しむのはいかがでしょう。 次のバスまで十分時間はあります。

目線がちょっとだけ高くなるバスから私の大好きなフローレンスをご覧ください。

ただし貴重品にはくれぐれも気をつけてくださいね。こればかりは。。。


*BACH FLOWER*
スクレランサス、ホーンビーム
心の落着きと取りかかりのきっかけということでEさんのアドヴァイスです。



 
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by florentia55 | 2010-10-04 06:00 | 家族 娘アンジェラのこと | Trackback | Comments(0)

TANTI AUGURI

Ciao a tutti!

今日は日本にいる姪の24歳の誕生日。  おめでとう!!

彼女がいるからこうしてフローレンスで生活ができるのです。

昨年2月54歳で兄が突然亡くなりました。
高齢の母の為に日本へ戻るべきだろうかと考えるようになったのです。
母が元気な今日本へ戻り 一緒の生活を築いていった方が良いのでは。

そういうことが問題になる年齢になったということでしょうが
あまりにも突然で どうしていいものやら。。。

私の人生 私たちの人生 たくさんの輪がどこか一か所重なり合っての人生。

若いけど既に結婚して近くへお嫁に行ったこの姪が そんな私たちの
大切は結び目となってくれました。 

やさしいご主人にも 彼女にも ありがとう の言葉しか言えません。

父(彼女の祖父)が亡くなった時 まだ幼稚園児だった姪に
”おばあちゃんをお願いね”って 頼んだことがありました。
イタリアへの帰国日 緊張した中 しっかりと私もみて大きく頷いて

”わかった” と一言。 とても頼もしく感じたことをふっと思い出しました。

異邦人してるとちょっと忘れてしまう家族の絆という言葉。
また姪に教えてもらいました。 

娘は北イタリアで祖父母へやさしくしているようです。
親には見せてくれないのですが 姪のような表情をきっとしてるんでしょうね。


*イベント*
さて 昨日からフローレンスのヴェッキオ宮殿にて
古代ローマ時代の劇場跡が一般公開されました。

FLORENTIA55は昨年ユニセフの仲間と見学しました。
フローレンスで古代ローマ遺跡、ちょっと不思議でしょう。
これについては これから少しずつご紹介していきますね。


見学は無料ですが予約が必要です。 所要時間は約1時間。
土、日、月曜日 11時、14時半、15時半、16時半

予約電話番号 イタリア語(多分英語も可)
 055-2768224、 2768558

メール予約先
info.museoragazzi@comune.fi.it
 
La Visita agli Scavi  ラ ヴィジタ アリ スカヴィ 

希望日 時間 参加者希望人数  代表者名  電話番号(緊急連絡際)


参考サイト:
http://www.museicivicifiorentini.it/export/sites/museicivici/materiali/PV-Depl_scavi_STAMPA.pdf


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by florentia55 | 2010-09-30 20:02 | 家族 娘アンジェラのこと | Trackback | Comments(0)

ブログる旅人ブログ人 FLORENTIA55 フィレンツェ 大好き 集まれ~!


by フロレンティア55